危機言語とは

現在世界には6000~7000の言語がありますが、その約半数が今世紀中に姿を消すと言われています。 話者が減り、このまま何もしなければ、近い将来なくなってしまうと思われる言語は「危機言語」と呼ばれます。

2009年にユネスコは「危機言語地図」を発表し、 日本からはアイヌ語、八丈語、そして琉球諸島全域の言葉( ※ )が この地図に掲載されました。

現在、世界各地で危機言語を記録し、次世代へ継承する取り組みがなされています。

※ユネスコでは、奄美語、国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語という分類をしていますが、分類には諸説あります。

戻る